2012年1月28日土曜日

弱い日本の強い円

この本は目から鱗ですよ。
およそ日々為替を気にする人は必読です。
円高・円安に関する一般人の認識がいかに非常識かを教えてくれます。
国力や人口動態で為替が直接的に動くわけではないのです!!!
(ただ、人口減は長期的には間接的に円安の要因になるのではないかと私は思いますが、まだ深く考えてません)
短期的・長期的、それぞれのタイムスパンにおける為替の変動の要因についてここまでくわしくわかりやすく説明してくれた本があったでしょうか?
デフレがいいのか、インフレがいいのか、についても独自の意見を提示してくれています。
全面的に賛成できずとも自分の頭で考えてみよう、という土台を提供してくれています。
超おすすめですよ。

0 件のコメント:

コメントを投稿